五十年の歳月に渡って

礼徳洋服

起源
民国50年(1961年)礼徳洋服の創始者である林育松さんは故郷金瓜石から一人台北に来て、裁縫見習いとして働き始めた。当時はちょうどオーダーメイドスーツ産業の黄金時代でした。主な客層はアメリカから台湾に観光しに来た米軍で、平均毎日2本の飛行機の米軍を接待し、ホテルにチェックインしたすぐ採寸、裁断、試着し。最高記録は一日40名のお客様を採寸した事もがあります!林社長のプロ級の腕前もこの時、大量の練習を経て鍛えられました。数万時間の苦労とスーツに対する情熱は、後の礼徳洋服の未来に良い基礎を築きました。
禮德西服, 訂製西裝, 高級訂製, 西裝, 訂製西裝價格, 訂製西裝流程, Bespoke suit, 什麼是bespoke, what is bespoke, 紳士西裝, 訂製西裝推薦, 台北西裝店, 禮德西服評價, 訂製西裝過程
禮德西服, 訂製西裝, 高級訂製, 西裝, 訂製西裝價格, 訂製西裝流程, Bespoke suit, 什麼是bespoke, what is bespoke, 紳士西裝, 訂製西裝推薦, 台北西裝店, 禮德西服評價, 訂製西裝過程
星芒
1960年代半から、オーダーメイドスーツの客層は欧米の観光客とビジネスマンに徐々に移ることになりました。創始者のJamesも民国67年(1978年)インペリアルホテルで最初の礼徳洋服をオープンし、シェラトンホテルにも駐在し、全盛期は四つの店があって、たくさんの海外のお客さんがその名声を募って来ました.ミレニアムを迎える時、礼徳洋服はた台北の中正区林森北路1号に転移し、高級オーダーメイドスーツの制作を専念し、優れた口コミは多くの国内外高級企業家、責任者、弁護士、政治家、外交官が礼徳洋服の愛用者になりました。
禮德西服, 訂製西裝, 高級訂製, 西裝, 訂製西裝價格, 訂製西裝流程, Bespoke suit, 什麼是bespoke, what is bespoke, 紳士西裝, 訂製西裝推薦, 台北西裝店, 禮德西服評價, 訂製西裝過程

産業の飛躍

民国54年台米が<台湾米軍地位協定>を結んだ後、同年ベトナム戦争を爆発 大勢の米軍は来台し、台湾の経済、社会、文化など大きな影響を与えられました。その中洋服産業が一番恵まれていた産業でした。
禮德西服, 訂製西裝, 高級訂製, 西裝, 訂製西裝價格, 訂製西裝流程, Bespoke suit, 什麼是bespoke, what is bespoke, 紳士西裝, 訂製西裝推薦, 台北西裝店, 禮德西服評價, 訂製西裝過程

しっかりの発展

1971年から台湾は入超から出超に変わり、ホテル中の洋服屋の客層は欧米や日本の貿易商になりました。外国人にとって台湾の洋服屋は細工で、品質が良い代名詞でした。効率もとでも良く、最短一日で納品できます。

伝説が根を付き

1990年代後半、台湾の産業が国外に移転し、台湾に来る貿易商数が急激に減り、客層は観光客に変わりました。洋服産業の光景がなくなったが、礼徳洋服は、スーツに対し感情を持つ職人がささえています。最高級の品質で愛用者達にサービスし続けています。
禮德西服, 訂製西裝, 高級訂製, 西裝, 訂製西裝價格, 訂製西裝流程, Bespoke suit, 什麼是bespoke, what is bespoke, 紳士西裝, 訂製西裝推薦, 台北西裝店, 禮德西服評價, 訂製西裝過程
礼徳洋服のディレクター

林育松

「50年間、私はずっと自らで接客すること原則として守っていた。お客様が注文した品をもらった時の喜びの顔は50年間ずっと同じだ。」

伝説

50年来、林育松さんは鋭い裁断と優雅なラインと組み合わせて、動きの間にオーダーメイドスーツに対する自信と自我要求に満ちています。NHKが取材した時に林育松さんに「オーダーメイドスーツの末代サムライ」という二つ名と呼び、台湾のオーダーメイドスーツの技術を守っていました。今でも、林育松さんも自ら接客し、各単位どのコミュニケーション、布生地の選択、細部指定、仮縫いと試着を通じて最高級の品質に達します。50年の歴史、50年変わらない品質、礼徳洋服これからも台湾洋服の品質を把握し、正統で高級なスーツの手芸の伝説を継続します。
二代目後継者

ハイジ

Li De Suite では、Li De の粘り強さと信念を継承し、異なるビジョンで服飾の芸術を確立します。

革新的な衣服アート

「子供の頃からおじさん、おばさんと呼ばれてきたマスターたちは、実はお互いにとても深い感情を抱いています。彼らは皆、私を名付け娘のように扱ってくれます。そして私はこの店で育ったので、幼い頃から彼らと交流を持ち始めました」 . 完全手作りのオーダースーツの影響で、服に対する期待は見た目の美しさだけではなく、さらなる追求を求められています。
街中で会社員や大物が着ているスーツをよく見かけますが、そのうちの5割が既製品の大きいスーツを着ていて、4割が韓国風の細めのスーツを着ていて、着るとあまりまともに見えません。店頭ではスーツを着ていることが多く、外国人のお客様からは「台湾の男性が着ているスーツはなぜ古臭くて似合わないのですか?」と聞かれることもあり、カスタマイズはかけがえのないものだと感じ、また欲しくなります。より多くの台湾人にカスタマイズとコアバリューを理解してもらうために。 」

ハイジは、ゲストの全体的な雰囲気や好みのスタイルに合わせて色や生地を選び、ゲストの個性を専門的に整理し、ゲストのニーズを理解することで初めて、一人ひとりに最適な服装ができると考えています。双方が気に入った完成品。

近年、女性の社会進出が進み、フォーマルスーツを求める女性が増えていますが、女性向けのオーダースーツに力を入れているブランドは市場にはほとんどありません。
就任後、ハイジは李徳翠亭に対し、若者の服装の選択肢を広げ、女性は既製スーツしか選べないという恥ずかしいジレンマを打破し、スーツを日常生活の一部にし、さらにはファッショナブルにするよう訴えた。服装のスタイル。